トモエブログ

旧トモエブログ→http://kixxtxmxe.blog.fc2.com/

KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE。五章#2まで感想など

前略。ぼくはスマートフォンに対して偏見を持っています。

偏見、というより、特に深い理由の無い苦手意識でしょうか。今まで、ぼくが今までにプレイした事のあるスマートフォンのゲームは、マイリトルポニーの街づくりゲーム(千円ほど課金)だけでした。

 

そんなぼくの元に数ヶ月前届いた情報。

「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」!!

な、なんだって~っ!開発がシンソフィアで脚本が坪田文さん!こ、これは、これはプレイしなければ~~っ!

と、その場で事前登録。事前登録のキャラクターは涼野ユウくんです。ぼくはKING OF PRISMのエーデルローズ生の中で涼野ユウくんが好きなので。大江戸温泉物語とのKOPコラボ時には涼野ユウくんのパネルと一緒に写真を撮ったりもしました。

f:id:TomoeKixx:20170815184526j:plain

↑のユウくんと、村上幸平さんと写真に映る井上敏樹のようなイメージで写真を撮りました。ぎゃ、ぎゃわいすぎる……。

 

まあそんな事はどうでも良いんですが、女児向けリズムゲームを原作としたアニメが、関連したスタッフや菱田かんとくの思い(あるいはエゴイズム)が実って製作されたスピンオフ映画がヒットして、こうやって原作元のゲーム会社の手でリズムゲームになるなんて、とても感慨深いじゃないですか。

ちなみにシンソフィアの社名の由来は、sin(罪悪)/sophia(知恵)。つまり、知を司るアイオーン「ソフィア」が、父である至高神の事を知ろうとした罪のために天上界から堕天の危機に遭い、その影響でこの世界が産み落とされたという、グノーシス主義におけるプトレマイオスの説に基いているそうです(要出典)。その事件の時にソフィアから生み出され、神的世界プレーローマから流出したのが、物質世界の創造神であり、旧約聖書の神でもある「ヤルダバオート」であり、その別名は「デミウルゴス」「サクラ」とも呼ばれる存在なのですが、五城桜の名前も、ここから由来しているそうです(要出典)。ソフィアから流出したサクラ……。つまり、シンソフィア由来のプリティーシリーズから離れてリルリルフェアリルの世界創造主たらんとする思いが込められているのでしょう。キングオブプリズムプライドザヒーローに登場した五城桜が「サクラ」の名を捨てて五城まあやと名乗っているのも、その事が関係しているのかもしれませんね。

 

そんな事はどうでも良いのですが(本当にどうでも良い)、そんなこんなでキンプリラッシュを始めました。

 

↓が、今のぼくのプロフィール画像です。

f:id:TomoeKixx:20170815202953p:plain

 

以下感想等。

・右下でカヅキ先輩が回っている。

プリティーリズムのゲームをやってるみたい!

・野太い客の歓声が入っているのが本当に良い。

・オバレ活動休止のローズパーティー中のエーデルローズ生を見ているだけで、エモーショナルな気持ちになる。

・バラバラだったエーデルローズ生が、一条シンくんを中心にまとまっていく様子を実際に読めるのが良い。

・坪田さんだけがシナリオ書いてるわけじゃないのか~と思っていたら、サブライターが有賀ひかるさん!DMF12歳。スター☆コンチェルトと続いての坪田さんとの登板!

・スタ☆コンを彷彿とさせる描写を所々に感じる。

・やった!ユウくんのSRを引いたぞ!ジャンプは、これは、直前ニコ生でチラ見せされていた「叶わない迷宮(ラビリンス)」!使ってみよう……ワッ、これは面白いぞ。けれどこのジャンプの背景にはきっと蓮城寺べるさんが絡んでいるんだ……ぼくは蓮城寺べるさん絡みの涼野ユウくんがすき。

・なんだこの法月仁の番組は。

・コウジ、「んふふ♪」じゃないでしょ。

・メインシナリオにオーバーザレインボー(ヒロさんとカヅキ先輩)が絡み過ぎている気がする。プライドを奪われたクリスマスライブ時にヒロさんがこんなに元気なのはおかしいと思うし、エーデルローズを離れたカヅキ先輩が絡むのも、なんだかおかしいと思う。

・アレクの三下悪役感……。

アイドルマスター.KRで唐突に路上で煽られてラップバトル&ダンスバトルが始まった時、「これは、実質キン……(ラップバトルは無いけど)(実質xxは悪い文明)」と思っていたけれど、フリースタイルラッパーと化したアレクを見て、「繋がった……!!」と思った。

・アレクとユキさまの絡み、良いなと思う。

・レオくんのユキさまを「美しいです~~!」と観察するテンションを鑑みるに、きっと入浴時なんかには間違いなくユキさまのペニスも芸術品のように観察しているんだろうなと思う。間違いない。

・ゲームシナリオに限らないけど、レオくんの悩み要素がギャグなのか本気なのか判断がつかない。

・プリズムスタァとして悩むミナトが良い。

・タイガくん、雑誌やなんかのSSでやたらと「マジなめんなよ!」と言っていたけれど、プライドザヒーローで言ってなくて良かった~~と思ったらマジ舐めんなよ!って、おい!

・中学生どころか小学生もプリズムショーをしているRL世界で、エーデルローズ生がプリズムジャンプをまだ跳べないっていうのは流石におかしいのでは……?自分独自のプリズムジャンプを跳べないって事にしておこう……。

・エデロ生がプリズムジャンプを跳べるようになるくだり、これは、プリティーリズムだ!!

・ユキさまとタイガが喧嘩しはじめた……やべぇぞやべぇぞ……。

・レオくん。いかがわしい撮影かもしれないという可能性も考えて欲しい。

・コーデがまだ完成していない……?そんな、エンジェリーシュガーのデザイナーじゃあるまいし……。

・ゲーム部分は、なんだかんだで新しいレアカードが手に入った時以外はイージーモードをプレイ&最低限の操作でクリアで経験値稼ぎの作業と化してしまっている。

三重野瞳さんは天才。

・まあ、時系列やなんかの矛盾は菱田かんとくのSSやドラマCDの時点で起こりまくっているのであまり気にならない。

・なんだかんだで、エーデルローズ生の絡みや寮生活が見られて楽しい!色んなキャラでプリズムショーが出来るのも楽しい!

 

そんな感じで、なんだかんだ楽しんでいます。

 

<おわり>