トモエブログ

旧トモエブログ→http://kixxtxmxe.blog.fc2.com/

日記:「革」

 ぼくは、車にのってぷらぷら走る事の多い職に就いている。

 仕事中でも、車に乗っている時には好きな音楽が聴けるのは良い所だと思う。

 その日も仕事中、車にのってぷらぷらと走っていた。スラッシュかデスか何かを聴いていたかもしれない。

 運転中、ふと、少し遠くの建物に掲げられた看板に目が止まった。

「革」

 赤い背景をバックに、黒い字で「革」と書かれた大きな看板。

 思わずギョッとした。瞬間、「革命」の二文字が脳内に浮かび上がる。どうしてこんな看板が、少し前にはこんな看板なんて無かったぞと思いつつ近くまで車を寄せてみると、革製品の会社の看板だった。

 

 2月14日。

 その日はバレンタインデーという事もあり、事務員さんと所長と共にぷらぷら車で走るというイベントが行われていた。

 世界中でポリティカルコレクトネスが叫ばれ、レースクイーンも廃業に追い込まれる2018年に、普段客と直接接する機会の無い事務員さんを客先に連れ回し、チョコレートを配布して売上の増加を狙っていくというイベント。

 そんなこんなでぷらぷら車を走らせていると、先述の「革」の看板が見える道。

「見てください! あの看板! あの看板、どう思います!?」

 仕事中、あまり自分から声を発する事のないぼくの声。

「革(かわ)?」「革(かわ)だな」

 事務員さんと所長が続けて言う。

「あの看板、見てドキッとしませんでした?」

「何が?」

「……。ほら、革命の『革』ですよ!」

「? いや、カワでしょ」

 こいつは何を言っているんだという口調で返される。

「レザーって書いてあるやないか」

 と、所長が言うように、看板の右下には、確かに『レザー』とも小さく書かれていた。

「でも、一瞬ドキッとしませんでした? ほら、赤いし。過激派かもって。過激派アジトですよ」

 マッタク話が噛み合わないうちに、訪問予定の場所に着いた。

 という事を、件の看板を見る度に思い出す。

 

(了)

【感想備忘録:アニメ】「ミス・モノクローム-The Animation-」「ミス・モノクローム-The Animation-2」「ミス・モノクローム-The Animation-3」

アニメ少年ハリウッド10話「ときめきミュージックルーム」。アニメ少年ハリウッドを観ていたと思ったら突然ミス・モノクロームさんのカットが入って、なんだなんだ……?と思っていたら音楽番組が始まって、そのままミス・モノクロームさんのライブが始まった衝撃は忘れない。

ミス・モノクロームさんの事は知っていたけれど、アニメは観た事が無かったのでdアニメストアで視聴。

1話冒頭のシーンや3話は最初に観た時にはナンセンスギャグ的なシーンかと思ったけれど、9話を観て「エッ?!」と思った。突拍子も無いようなお話ではあるけれど、ミス・モノクロームさんとKIKUKOとの時を越えた関係に、エモーショナルになってしまった。結局その部分はそんなに掘り下げられる事は無いけれど、トップアイドルを健気に目指すミス・モノクロームさんの姿はとても好きだなと思った。

本編が終わってEDで女の子が踊るアニメはやっぱり好きだなと思った。

二期に入って、アルバムの制作と全国ツアーという目標が出来て、キャラクターも増えて楽しくなっていった。それと、OPのミス・モノクロームさんがとても可愛くてテンションが上がった。

二期2話の頭文字Dパロが妙に気合が入っていてすごく笑ってしまった。ハチロクを運転しながら新曲を歌うミス・モノクロームさんがとても良いなと思った。

本編とは直接関係無いけれど、CV:阿澄佳奈のキャラクターが「ぎゃふん!」と言ったり、CV:森久保祥太郎のグラサンDJが出てきたりといった部分に脳内の○リティーリズム部位を刺激された。

やっぱり、「モットマエニデル!」と前向きに(たまにベクトルがおかしいながらも)頑張るミス・モノクロームさんがとても好きだなと思った。

【感想備忘録:小説】「りゅうおうのおしごと!」6巻

シューマイ先生の「お●んぽぉ! おち●ぽおおおおおおおおおおおおおおお!!」のくだりが面白くてゲラゲラ笑ってしまった(読んでいたのは電車の中なので実際には笑っていない)。

ぼくは男性器が好きだけれど、やっぱり「おちんぽ」という響きはとても素晴らしいなと感じた。本編とはまったく一切関係無い話だけれど、所謂百合モノで、女の子が男性器的な存在(触手なども含む)に興味を持つ事に対して嫌悪感を抱く百合のオタクというものが居るのがぼくは意味が分からない。ペニスに興味を持つという事と、恋愛対象として男に興味を持つという事はまったくの別の物事だと思うし、なんならぼくは、本人の恋愛対象に限らず、おちんぽというものには老若男女を問わず好きになってしまう魅力を持っていると思う。ペニスの事を、老若男女問わず誰もが好きになるものと考えているので、「ペニスに興味を持っているという事は男が好きなんだな」なんて論説は、「(老若男女問わず誰もが好きになるもの)に興味を持っているという事は男が好きなんだな」と変換してしまうし、ペニスが好きな事に男女だとかは関係無いだろうと、仮面ライダーが好きな女の子のためにインターネットでバズ怒りを燃やしたりするインターネットばりにブチギレて続けている。

とはいえ、男性器を模したジョークグッズを購入したり、催眠音声で女になって男に犯されたりしていると、どんどんあたまのなかの性認識がぐらついてきたりもする。ぼくは女体化催眠音声でペニスが出てこないと購入した事を後悔するけれど、女体化催眠音声で女体化するのは、ペニスで犯される自分を肯定するためであって、女体化の部分を求めているのではないのかもしれんじゃないか知らんと思う事はあるけれど、そんな事は置いておいてぼくは女の子になりたい。

 

閑話休題

六巻では、今まで少しづつ積み上げられてきた「男女の差」「将棋星人と地球人の差」「才能の差」といったものが銀子ちゃんにみしみしとのしかかっていく部分がひりひりとキツかった。そしてエモエモ。りゅうおうのおしごと!、ふざけたような内容やあざといやりとりの中で、細やかな硝子片のようなシビアな要素を含ませるのが上手いなと感じる。『生物として下等ならば』というフレーズが出てくる部分が特に好き。

銀子ちゃん……うぅっ……銀子ちゃん……。

プリパラ二期の時の南みれぃさんの事を少し思い出した。

というか、うおおおおおおおっ!やいちくんの鈍感っぷりにいよいよ腹が立ってきた。おい!銀子ちゃんが可哀想だろ!おいいい!(「抱けっ!抱けーっ!」(ノスタル爺のコマをアップロードするインターネット仕草))

 

あいちゃんと天ちゃんの調子に乗りっぷりが凄かった。途中で「えぇ……」と思う事もあったけれど、ロリコン殺しのくだりで「それがロリコンなのよぉぉぉッ!!」とうずくまって慟哭する桂香さんが面白かった。

 

 

【感想備忘録:アニメ】OVA「恋愛候補生 STARLIGHT SCRAMBLE」

キャラクターがつぎつぎどんどん出てきてドタバタ劇を演じる一話。

ああ、こういうやつね、けっこう好きかも……と思って二話を観始めた瞬間から、頭の中が???で一杯になってしまった。

冒頭から急にセックスを思わせるシーンから始まって、登場人物達が嫉妬心などからギスギスと衝突しあったり勝手な行動を取ったりで観ていて不快になる描写が多い。これが戦争なんだ……というような事を深刻な口調で話し始める。

んん~?

洗脳されてスパイ扱いされていた美少年キャラが正気に戻った瞬間、壮大な音楽が流れて&作画が濃くなって爆死するシーンやなんかは面白かった。

全二話ってあるけど、全然終わって無いじゃん……。

と思いつつエンドロールを見ていたら、構成・絵コンテが影山かんとくだった。

Cパートで次回以降の展開についての思わせぶりなカットがありつつ「To be continued」。

なんとも言えない気持ちになってしまった。

【感想備忘録:小説】「りゅうおうのおしごと!」1-5巻

・普段あまりライトノベルを読まないので、作中のイラストが単なる挿絵という役割を越えて、明確な演出意図をもって用いられているのが新鮮だった。電子書籍版だとどうなっているんだろう。

・正直な所、二次元的なロリっ娘という存在……というか概念?がそんなに好きではないので、JS研パートは我慢して読んでいる。

・競技モノとしてめちゃめちゃに面白い。群像劇的な作りがとても良い。

・男女の棋力の差が残酷なまでに前提に置かれている。一巻のオマケパートも、単なるサービスパートのように読めなかった。女流棋士として重要なのはルックスと明言されているのも、それが現実なんだなぁと思いつつもキツいなぁと思った。そんな現実に対して、作中ではフィクション度が高い女性キャラクターほど棋力が強いのが印象的。

・桂香さんというキャラがめちゃめちゃに良い。いわゆるおっとりお姉さんキャラという存在はあまり好きではないけれど、桂香さんが主人公といえる三巻での主観パートで震えた。アイドルマスター.KRのソリさんのくだりもそうだけれど、ぼくの年齢的にもこういったエピソードに弱いかもしれない。

・三巻での銀子ちゃんと桂香さんの会話が特に印象的だけれど、主人公八一の異常さや才能を示す描写が、主人公視点以外で描かれるのは上手いなぁと感じた。

・四巻での、銀子ちゃんと原宿から帰るくだりがエモすぎる。エモエモエモエモエモ!内容とは関係ないけれど個人的に、原宿といえば、黒人が偽ブランド品を売りつけてくる印象が強いけれどフィクションの中の原宿で黒人の売人を見たことが無いし、りゅうおうのおしごと!のアニメでもきっと出ないだろう。アニメの原宿には黒人の売人が居ないという曲をいつか作ろうと思っていたけれど、服部せんせいの「黒人のションベンパコ~」の音声をサンプリング出来なくなってしまったので多分作らない。

・「名人」ってもしかして……と思っていたけれど、もしかしてだった。

・五巻の挫折パートは、「ああ、挫折パートね……」と少し思ってしまったけれど、銀子ちゃんに当たる台詞では、「うわっ、それ言っちゃう~?」とキツくて良かった。

・三巻のあとがきで、『今までは「こういうのが受けそうだな」と思って書いた事はあっても「これが書きたい!」と思って書いた事はなかった』とあったのを、そんな事書いて良いの!?と思ってワクワクした。

・五巻のあとがきで、一巻の初動が良くなかったので著者が「このシリーズは五巻までにしましょう」と提案したくだりにびっくり仰天(オッケー!(ガァルマゲドン))した。石川博品せんせいの「先生とそのお布団」で、思いの込めたシリーズの打ち切り&打ち切り地獄を読んでいたから。メロディ・リリック・アイドル・マジックは一瞬で打ち切りが決まったのに……。

【感想備忘録:本】経済成長という呪い―欲望と進歩の人類史

繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史が、人類に対してとても楽観主義的な立場から書かれた本だったので、別の視点から書かれた本を読んでみようと思って読んでみた。

 

かつての産業革命は、新たな雇用の創出などによって人間の労働を内包できたため、経済成長に繋がった。けれども、現在のテクノロジーの発展に伴う革命は雇用の創出につながるどころか、中位所得層の雇用を破壊し、社会の二極化につながる。結果として、テクノロジーの発展が経済成長に繋がらない事態となっている。

 

人間というものは、豊かになればなるほど、飢えるように更なる豊かさを追い求めてしまう。その飢えを癒やしてくれるのが持続的な経済成長という妙薬だったが、人類は今後、持続的な物質的な経済成長というものに頼らないよう精神構造を変化しなければならないと著者は論じる。

 

全体の読書感としては、そこまで新しい知見を得たという感覚はしなかったけれど、本書でも、人類の人口転換について「奇跡」とまで言われて触れられていたのが興味深かった。

 

それと、やたらと歴史関連の話題でアゲられる事の多い古代ローマ帝国が、経済的な面において、本書でも「繁栄」でもこき下ろされているのも興味深かった。本書では、「帝国のシステムが西洋は危機によって大きく後退したからこそ、奴隷と乏しいテクノロジーに基づくローマ型システムから抜け出せたのである」とまで言われている。

 

 

経済成長という呪い―欲望と進歩の人類史

経済成長という呪い―欲望と進歩の人類史

 

 

「繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史」を読んでGのレコンギスタを思った

富野かんとくの講演に行った時に話が出た中で読んだサピエンス全史を読んだ時、「これは、実質Gレコ副読本……」と思ったけれど、この本は、Gレコへの反駁書のようだと思った(Gレコの方が後から作られたんだけど)。

 

富野かんとくは、先鋭化した専門家・技術者と、過度な技術革新に対して不信感を持っている人で、バイストン・ウェルからリギルドセンチュリーまで、技術が数百年単位で固定化した世界が急速に変化していく時に起こる騒乱を舞台にした物語も多い。富野かんとくの講演時や、テレビ出演時には、毎回と言って良いほど「技術者」サゲが行われる(その割に、∀のホレス氏やGレコでのハッパさんのような技術者を魅力的に描いているのが面白い所だと思う)。

Gレコと、富野かんとくの非技術進歩論で言えばずっと気になっている事があって、Gレコ放送前のこの↓インタビュー。

-----------------

大人が「G-レコ」を見る必要はない! 「ガンダム Gのレコンギスタ富野由悠季に直撃取材 - アキバ総研

https://akiba-souken.com/article/21122/

----------------

この中で、ウィリアム・H・マクニールの「戦争の世界史 」に触れて、「作者の目線が戦争史家ではなく、経済史家に近いんです。その作者から見ると、この千年のほうが人類史全体から見れば異常な変革期であった。だから千年以前の歴史に戻すべきである、と書いています。」とかんとくはコメントしているけれど、このインタビューを読んで以来、ちょっとずっともやもやしている。

なぜなら、戦争の世界史の結論部に、「この千年のほうが人類史全体から見れば異常な変革期であった」とは書いてあっても、「だから千年以前の歴史に戻すべきである」なんて書いていないから(そもそも「戦争の世界史」の執筆時期は1980年代初頭で、その後に起こったインターネットや携帯端末機器の爆発的普及などといった事を考慮すると、本書の結論部で「一〇〇〇年間も続いた動乱の時代は終わりを告げた」と記述がある事に意味があるとは思えない)。

富野かんとくは、たまに読んだ本の内容やなんかをおかしな引用の仕方をする事があるけれど、この時のインタビューもその一つだと思う。 

直近で言えば、ひるね姫における夢の世界の描写で、サピエンス全史の「人類を人類たらしめているのは虚構を信じる能力」という部分を引用していたのも少しおかしいと思う。サピエンス全史の中で語られる「虚構」というものは、夢や宗教や神といったものに限られず、もっと大きな、金融資本だとか、起業だとか、国家だとかいった、もっと大きなくくりのものだから。

 

富野かんとくの話ばかりになってしまった。

 

本書における著者の主張は、人類全体における専門知識の積み重ねや分業の推進と、それに伴う技術革新と交易の推進がなされる限り、人類は繁栄し続けるはずだ、というもの。人類が発生してから今日まで歩んできた道筋や、近代以降に数多くなされた、悲観的かつかつ的外れな未来予測の言論が、「楽観的な合理主義者」の立場から論じられている。

富野かんとくの作品(特に宇宙世紀作品)内では、人口増加による地球と人類全体の圧迫が多く語られるテーマではあるけれど、本書内において、人口の増加は経済的な収穫逓減に繋がるものではなく、むしろ収穫逓増に繋がるものだと論じられている。そもそも、世界人口は近いうちにピークを迎え、その後は減少へ向かっていくとも語られている。

また、「発明を止めて、新しいアイデアを使わないでいるのは、人道にもとる危険な所業なのだ。」という文面にも、少しにやりとしてしまった。

 

基本的には人類は今後も繁栄を続けるだろうとの論を進める著者ではあるれども、勿論人類が無条件に繁栄し続けると語っているわけではない。今後も、人類全体の中でアイディアを交尾させ続け、技術革新を進め、変化し続ける限りという前提があればこそ、というのが本書の肝。

 

富野かんとくは数十万年単位で人類の事を考えているので、未来というものがせいぜい数世紀単位で語られる本書とは、視点が違うと言ってしまえばそれで終わりだけれど、今まで個人的にGレコ副読本と思って読んだ本の中では一番興味深かった。

 

結局富野かんとくの話ばかりになってしまった。

繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史

繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史