トモエブログ

旧トモエブログ→http://kixxtxmxe.blog.fc2.com/

【感想メモ:映画】リズと青い鳥

※個人の感想のメモです

響け!ユーフォニアムシリーズ原作の内容に言及しています

 

この一週間で、リズと青い鳥を観に行こうとする夢を2回もみてしまった。

架空の舞台挨拶に行く夢(名古屋では舞台挨拶がなかった!)と、ネットでチケットを予約する夢。 

 

けっこう長い間、映画「リズと青い鳥」の事を、響け!ユーフォニアム第二楽章の映像化ではなくて、響け!ユーフォニアム第二楽章の劇中劇的な映画なのかと思っていた。

 

原作が好きなのに加え、山田尚子かんとくのファンでもあるので、「第二楽章の内容が一本の映画で終わってしまうのか」という思いと「『山田尚子かんとくの映画』が観たいな」という思いを抱いていた。

けれど結果的に、リズと青い鳥は「リズと青い鳥」であって、響け!ユーフォニアム第二楽章の映像化ではなかったし、原作モノの映画というよりも「山田尚子かんとくの映画」という色が強い作品となっていて良かった。

個人的に、原作付き作品を映像化するにあたって「原作そのまま」に映像にした作品よりも、映像媒体に併せてアレンジが加えられた作品の方が好きなので、原作小説のみぞれと希美パートの料理の仕方としては好きだった。

更に個人的な好みを言うなら、もう少しざらついた感覚というか、人間関係の厭な部分をもう少しみせてくれたらもっと好みだったかなと思う。思っていた(あるいは期待していた)よりも、とても口当たりの良い爽やかな作品に仕上がっていた。

 

本編とは関係のない話になるけれど、コラボグッズの一つに、ポップコーンセットというものがあるけれど、ぼくは映画館でポップコーンを食べる人間をxxxxだと思っている。

 

公式が売っているものだし、映画館がそれで潤うのだから、という言い分は置いておいて、隣で静かに映画を観ている人間の隣で音もにおいも発するポップコーンをばりぼり喰うのかよとも思うし、販売する側に対しても、長い間続いてきた慣習なのだからという程度の意識でポップコーンを販売し続ける意味というものを考えて欲しい。何が言いたいのかといえば、この映画はポップコーン片手に観る映画ではないのに安易にコラボグッズ化してしまう慣れの意識とかは置いておいてこれはぼくの隣でポップコーン片手に映画を観ていた客がとても不快だったという個人的な話です。

 

本編で気になった部分としては、みぞれちゃんが練習している部分が少なかった所か(映画単体で見た時にはどうでも良いかもしれないし、原作と映画とは別だとも言えるかもしれない)。練習してる時間よりも、フグと戯れている時間の方が多いのでは……? 鎧塚みぞれちゃんは練習おばけで、誰よりも早く部室に来て誰よりも練習しているし、それを当たり前のようにこなしているから演奏が上手いし、希美ちゃんは結局の所それが出来ないから演奏面でみぞれちゃんと差が出来ているわけだけれど、「リズと青い鳥」でのみぞれちゃんはあまり練習しているように見えないため、その実力も「才能」という便利な言葉で説明出来てしまえそうな感じがしてしまう(鑑賞後に読んだ山田かんとくのインタビューからも、そのような印象を覚えた)。

才能が違うから実力が違う、よりも、究極の所で努力が出来るか出来ないか(それも才能か)の部分で実力に差が出来る方が残酷だと思っているので、その部分は描いて欲しかったかなと思った。

 

冒頭、希美ちゃんが来る前に日曜早朝の学校に来ていた生徒は何者だよ……!と少し思った。登校シーンに始まり、下校シーンで終わる構成は綺麗だなと思った。

 

夏紀せんぱいのキャラデザが好みすぎてとてもドキドキした。

夏紀せんぱいといえば、演奏シーンに夏紀せんぱい(というかユーフォ組)が一切映っていなかった(探せなかった)のは、やっぱり第二楽章本編映像化への布石なのかなと思った。それと低音パートといえば、「大好きのハグ~」って、おい!低音パート!そこ!!一時停止!よく見えなかったから!ストップ!

そういえば、アサダニッキさんのツイートで「映画響け!ユーフォニアム」がCOMING SOONとなっていたけれど、公式発表って無い……よね?探しても見つからないけれど(ぼくの見落としだとしたら教えて下さい)。

ひょっとして、 ED後に「ユーフォ第二楽章映画」の告知があるんじゃないかなと少し思った。

原作の盛り上がり所でもあるみぞれちゃんの覚醒シーンは、エモくなって涙が溢れてしまった。原作では、みぞれちゃんの演奏の凄さに崩れてしまう演奏シーンをしっかりとした演奏シーンに変更して感情をブチ込んでくるのは映画化にあたってのとても良い改変だなと思った。

ハッピーアイスクリーム!で筋肉少女帯を聴きたい気持ちになったので、今は特撮の5年後の世界を聴きながらこの文章を書いています。

 

【感想メモ:本】世.界神話学入門

 「世界神話学入門」というタイトルの本だけれど、世界神話学入門者のための本というより、世界神話学入門者が書いた本という印象を抱いてしまった。

既存研究や世界各地の神話の羅列に対しての面白みはあれど、一本筋が通ったものが感じられず、著者の宗教や神話に関する造形があまり深くないように感じられた。

 

世界神話学入門 (講談社現代新書)

世界神話学入門 (講談社現代新書)

 

 

 オニャンコポン様のお話が出てきたのは良かった。

www.youtube.com

 

 

 

聴いていた音楽:4月2週

最近出たという事を知らなかったメタリカのライブ盤を聴いたら、めちゃめちゃに良かった。ぼくはメタリカは4thまでしかあまり好きではないけれど、89年に行われて、4th発売後のライブ音源という事で、好きな曲ばかりが演奏されているのが良い。 ONEなんかは、格好良すぎて思わず涙が出てきてしまった。

Live: Reunion Arena, Dallas, T

Live: Reunion Arena, Dallas, T

 

 

 

EVIL INVADERS

www.youtube.com

ゼスト来日時のTTFで知って、その時に惚れて買った最初のレコードが一番好き。特別速いわけでも重いわけでもないバンドだけれど、

シンプルなリフを主体とした疾走感溢れる曲にハイトーンボーカルが絡むのが好み。

 

パスピエ

www.youtube.com

アマゾンミュージックに、「お前、相対性理論とか聴くならこんなん好きなんちゃうん?」と言われたので聴いてみたら、確かに好みだった。まだそんなに聴いていないけれど。

 

the telephonesのDANCE FLOOR MONSTERSはやっぱりすごく好きだなと思う。

www.youtube.com

 

 

メタリカを聴いた流れで、久々にメガデスも聴いたりしていた。

高校生の時、ぼくがギターを初めたきっかけはデイブ・ムステインで、その時に買ったメガデスのスコアを練習していたのが懐かしい。そういえば、最初に言ったメタルのライブもメガデスだった。

www.youtube.com

 

 

聴いていた音楽:3月5週-4月1週

聴いていたアルバムを全部記述するみたいなのは、意味が無いからやめた。

 

この二週間はヌンチャクとSODOMを一番聴いていた。

 

やっぱりヌンチャクは格好良い。

www.youtube.com

特にヌンチャクのヌンチャクは、今まで聴いたアルバムの中で一番聴いたアルバムの一つに入るし、「3コードで悪いか」は、個人的に音楽的な影響だけではなくて、人生の色々な面で影響を受けている。

関係ないけれど、キラっとプリ☆チャンの1話を観ている時には、終始(終始ではない)「やってみよう」が頭の中で流れていた。

 

SODOMのAgent Orangeはやっぱサイコー!

スラッシュというジャンルはこのアルバムと同時に完成してしまったのではないかという気分になるくらいに格好良い。

www.youtube.com

SODOM、また来日してくれないかな。

 

そういえば、ネットの記事で見かけて初めて知ったロボット自動演奏メタルバンドのCaptured! By Robots。アマゾンミュージックにアルバムがあったので聴いたらめちゃめちゃ格好良かった。

www.youtube.com

 

黒夢Janne Da ArcALFEEやミッシェルガンエレファントや相対性理論など、国内バンドもよく聴いていた。

 

それとスラッシュで言えば、やっぱりWarbringerの1stは悔しいけれど格好良い。

www.youtube.com

 

は~~~~っ、格好良い。

 

デス系でいえば、VomitoryとJungle Rotを聴いていた。

 

それと、キングオブプリズムの舞台のアルバムもアマゾンミュージックにあったので聴いたりもしていた。

 

 

【感想メモ:本】現代知識チートマニュアル

千秋クリストファくん(ガーゼィの翼)に渡したい本だなと思って購入。面白かった。

 

これで、いつバイストン・ウェルに飛ばされても大丈夫……かと思えばそうでもない。千秋クリストファくんにせよジョクくんにせよ迫水真次郎にせよ、バイストン・ウェルでやっていけたのは武術の心得あってこそのフィジカル面の強さがあってこそなので(ザマくんや鈴木くんはかなりのイージールートだ)、ぼくがバイストン・ウェルに飛ばされたら一番最初の段階で死んでしまうだろう。

 

バイストン・ウェル物語の中でも、一番現代知識チート要素が高いのはガーゼィの翼だけれど、まあ、ガーゼィの翼を読んでいても強く思う事なんだけど、現代人が文明が発達していない異世界に飛ばされたら耐えられないだろうなと思うし、この本を読んでいても、「異世界、絶対飛ばされたくねぇ……」と思った。

 

 

本の内容としては、色々な方面に対しての知識が得られて面白かったけれど、この本を持って異世界に転生したとしても知識チートが出来る気がしない。いや、出来るかもしれないけれど、一つの知識を試して成功させるだけで人生を費やしてしまうだろうなと思うし、この本を読んで異世界でチート知識を駆使して産業を一から起こして成功する事が出来るバイタリティがあれば、現代日本で十分社会的成功を収める事が出来るだろ!と、何度も突っ込みたくなった。

 

たまに、「ファンタジー世界で〇〇の技術を使うためには、魔法の力が必要となるだろう」みたいな文が出てくるのが面白かった。

 

 

異世界転生といえば、ぼくが一番好きなバーチャルユーチューバー(広義)はエイレーンさんだけれど、最新の動画の冒頭の車に轢かれるシーンでめちゃめちゃ笑ってしまった(少し前にも轢かれていたけれど)。

www.youtube.com

女の子が車に轢かれる絵面は面白い。けものフレンズのアニメで好きなシーンは、やっぱりサーバルちゃんが轢かれる所が面白い。

f:id:TomoeKixx:20180328235432p:plain

 

けものフレンズのファンアートです。

【感想メモ:アニメ】「アキハバラ電脳組」1話

プライムビデオにあるのを見かけたので、事前知識がまったくといっていいほど無い状態で観始めてみた(事前知識といえば、劇場版がウテナと同時上映だったらしいという事くらい)。

 

90年代特有の、というか、こういうキャラデザというかビジュアルって、ぼく、思っていたよりも好きかもしれない。

 

主人公の女の子の演技が、とても、なんというか……素朴だ。主人公の年齢、中1なのか。

なんだかパタピーという珍妙なマスコットが当たり前のように世の中に蔓延している世界なのか……。珍妙だ。あまり説明も無く、ただ当たり前のように世界の中に当たり前のように蔓延している描写の仕方は好きかもしれない。

主人公の友達の「ですわ」口調なんかも好きかもしれない。

秋葉原の街並み。昔の映像作品の、こういう、当時の実際の街並みの様子がうかがい知れる部分は好きだなと思う。

タイトルからして、なんとなく「げんしけん」的なアニメを想像していたけれど、思ったより女児アニメっぽいなと思う。

えっちな敵だ!というか、胸が揺れすぎでしょと笑ってしまった。揺れすぎでしょと笑ってしまいつつ、えっちだ……。「あのお姉さん、絶対壊れてる!」って台詞が良いな。

あれ、このアニメ、変身美少女モノなの……?

と思えば、変身はしていなかった。いや、変身は、しているけど……?

 

なんだかよくわからないけど面白かったかもしれない。

【感想メモ:アニメ】HUGっと!プリキュア8話

菱田かんとくの絵コンテ回という事で前々から楽しみにしていた回だけれど、絵コンテよりも、シナリオ面で、あっ、この作品、ぼくがコロっとイっちゃうやつかも……という部分が見えてきてわくわくとしてきた。

 

今回の敵組織が「時間の制止」をもくろむ組織だという事が、一話からずっと気になっていた。

そして、敵のもくろむ「時間の制止」という概念が、単に作品世界の崩壊を意味するものにとどまらず、「素晴らしい時間よ過ぎ去らないでくれ」という大人の願いと共に発せられたら、ぼくに刺さりまくっちゃうだろうな……と、そんな事をずっと思っていた。

ぼくはプリティーリズムDMFというアニメが好きで、特に好きなのが、作中では悪役にあたる阿世知欽太郎というキャラクター。才能に溢れながらも自分の価値が認められない事に絶望し、過去の美しい思い出に浸り、時間の制止を願う阿世知欽太郎に感情移入をしまくってしまう。そしてそんな欽太郎がかつて見たかったものを、作中でひたすらに「現在」を必死に主人公の上葉みあちゃん達が見せつけるというのはね、もう、素晴らしい!(早口)

そんなこんなで、HUGっと!プリキュアの中に阿世知欽太郎要素が出てきたらまずいな……コロっとイっちゃうな……と思っていた。

そして今回、

「明日なんて来なければ良いのに……」

とタソガレるパップルさんを見て、これは、おおっ、明日なんて来なければ良い大人では……!と、身を乗り出した(本当に身を乗り出してはいない)。そもそもパップルさんというキャラクター自体が、バブル時代という「あの素晴らしい時間」という文脈を背負っているかもしれない。

 

そして終盤に出てきた中田譲治声で話しそうな謎のおじさんが語る、

「美しい物語」……「永遠」……「続かない」……。

まずい、これは、ぼくがコロっとイきかけそうなワードが沢山でてきたぞっ……と思った。ぼくは、永遠(時間の観念から離れたもの)と永久(とても長い時間)ははてしなく距離の離れたものだと思っていて、でも、永久に永遠性を求めたりする人間の物語とかが好きだったりする。

 

菱田かんとくの絵コンテは、思っていたよりもクセが少なかった。

出た!画面分割のやつ!

出た!壁にもたれかかり腕組み男!

出た!歩道橋の上!

戦闘シーンで、もっとグッとくるものが欲しかった。

最後のアンリくんの仕草が面白くて笑ってしまった。

 

高校の体育教師がスケートの指導をしているのかよ!と思った。

それと、序盤でアンリくんを見るさあやちゃんの表情が虚無じみていて笑ってしまった。アンリくんの声は、もっとねちっこいかんじの声の方が良かったなと思った。